Archive for 10月 11th, 2013

11th 10月
2013
written by admin

なんといってもハリウッド映画の魅力といえば、壮絶な舞台でのアクションシーン。
アクション映画と言われて、みなさんは誰を思いつきますか?

カンフーや憲法など、誰にも真似できないシーンを演じることができる
香港出身の俳優、ジャッキー・チェンやブルース・リー。
ダイ・ハードシリーズで有名なブルース・ウィリス。
こちらもターミネーターシリーズで名を馳せたアーノルド・シュワルツェネッガー。
スピードやマトリックスと幅広い役を演じられるキアヌ・リーブス。
その他にももちろんまだまだたくさんのアクション俳優がいますよね。


ところで、、、?
アクション映画と言われて思いつくのが男優のみ、というのもちょっとおかしな話です。
というのも、アクション女優もたくさんいるんです。


キル・ビルシリーズのユマ・サーマン。
夫ブラッド・ピットとの共演作、ミスター&ミセススミスやトゥームレイダーのアンジェリーナ・ジョリー。
チャーリーズ・エンジェルシリーズのキャメロン・ディアスなどなど
有名なアクション映画の主演を女優が務めていることも多く、
実は女優が主役のアクション映画が増えている傾向が最近さらに強まっています。


例えば2012年に公開されたハンガー・ゲームの主人公は16歳の女の子。

主役を演じているのはジェニファー・ローレンス。
映画を見た時に、アメリカのリアリティー番組のサバイバルゲームに似ているなと思ったのですが、
それもそのはず。
この小説の著者はサバイバルゲームと裏番組でイラク戦争の模様が放送されているのをみて、
その二つを融合させたものを小説化、そして映画化させたのだとか。

同じく2012年公開のスノーホワイトでもクリステン・スチュワートが演じたのは10代の少女。
シアーシャ・ローナンが主演の2011年公開映画、ハンナも主人公は16歳の少女。



男性だけが強かった時代、というのはもうないようですね。
今は女性も自由な立場があり、アクション映画で演じる際にも男勝りな演技をする必要も全くないのです。
ありのままの等身大の女の子がアクション映画の主人公になる、ということに
みている側もまた共感をおぼえるのです。
今後このような女優が主演のアクション映画はどんどん増える傾向にあるようなのでちょっと楽しみです。



11th 10月
2013
written by admin

ハリウッド映画といえばアクションを期待する人も多いでしょうが、SFも忘れてはいけませんっ!
もちろんハリウッドだからこそ、お金をかけた特殊撮影もこなせるのでしょう。

SFの代表作といえば、もちろん王道はE.T.でしょうね~。
もう30年以上前の映画ですが、あのキャラクター、ストーリーは当時衝撃的でした。
(あ、もちろんリアルタイムでみたわけではありませんが。。。)
誰もが知っている名作といっても過言ではないかもしれません。


管理人が学生で比較的時間にもお金にも余裕のあった
1990年代後半は、多くのSF映画を生み出した時代だったなぁと今改めて思いますね。

キアヌ・リーブス主演のマトリックスや、
ウィル・スミス主演のインディペンデンス・デイは
壮大なスケールでSF映画とはいえ、アクションもすごかったです。
ウィル・スミスと言えば、
日本でも最近CMにひっぱりだこのトミー・リー・ジョーンズとW主演したメン・イン・ブラック。
こちらは続編も公開されてユーモアもふんだんに混ぜ込んだ楽しいSF映画でした。

そしてリュック・ベッソン監督のフィフス・エレメントも衝撃的でした。

なんといってもミラ・ジョヴォヴィッチのあの奇抜な感じがいかにもSFっぽくて適役でした。
映画の色自体も非常に鮮やかで、今までのSF映画とは違った印象でしたね。
あと、一番好きだったのが1998年公開のアルマゲドン。
地球を救うというテーマにしたのが、
また2000年のミレニアム手前という時期と重なってさらに感動したのを覚えています。
映画にも出ているリブ・タイラーの実父、スティーブン・タイラーの楽曲も名曲となりましたね。


最近ではアバタ―やトランスフォーマーなどが有名ですが、
個人的にはあまりに現実とかけはなれたものよりも、
テーマが身近に感じられるSF作品を期待したいところです。