ミュージカル

17th 10月
2013
written by admin

スケールの大きなミュージカルを映画で再現できるのが、ハリウッド映画。
ミュージカルは昔から人気でしたが、2000年以降も確実な地位を確立しています。


なんといっても全米でシリーズ全作大ヒットしたのがハイスクール・ミュージカル。

アメリカのごく普通の高校生の学園生活なのですが、
友人関係や恋愛、進路などに悩む様をミュージカルやダンスで見事に表現しています。
主演のザック・エフロンやヴァネッサ・ハジェンズなど出演者はもちろん若い世代ですが、
この作品の後、みんな見事に全米で有名になったことでも知られています。
作品はもちろん、ミュージカル映画だけにサントラ盤も世界中で脅威の売上を誇ったそうです。
余談ですが、劇中だけでなく私生活でも恋愛関係になったことでも有名な二人ですね。(笑)


同時期に公開されたマンマ・ミーアもミュージカル映画として見ておきたい作品です。
世界中で3000万人を動員した舞台ミュージカルの映画化で、
今なお、ミュージカル映画の中では過去最高の世界興収を上げていますからね。
自分の挙式にまだ見ぬ父に参列してもらいたいと、
娘が母親が過去に交際していた男性3人を候補として連れてくるところからはじまります。
母親役のメリル・ストリープと時代を合わせたかのような
ABBAのナンバーがまた舞台同様に映画も盛り上げてくれて笑える楽しい作品ですよ。


あと、伝説的な黒人女性グループの映画、ドリームガールも圧巻です。
こちらも舞台から映画化されたものです。
劇中のビヨンセの歌のうまさはもちろんですが、
アメリカンアイドル出身のジェニファー・ハドソンの歌、迫力に驚くこと間違いなしです。